「スマホが熱い!」は故障じゃないけどバッテリーが劣化しちゃう!

みなさまこんにちはブログ担当のM島です。

スマホを使っていると熱くなってくる時がありますよね?

これまでと使い方が変わっていないのであれば、大きな故障がではないかもしれませんが、バッテリー劣化の原因に繋がってしまうかもしれません。


今回はそんなスマホが熱くなる理由と、熱くなったら何が起こってしまうのかをご紹介していきます。


スマホが熱くなる理由

スマホが熱くなるとどうなるの?

最も熱の影響を受けるのは、バッテリーです。

スマートフォンなどの端末のバッテリーは殆どがリチウムイオン電池が使われており、このリチウムイオン電池が熱に弱い特性を持っているのです。

リチウムイオン電池は0~35℃の温度範囲内での使用が推奨されており、 45℃でもバッテリーの劣化が進むと言われています。

※人にもよりますが、手で持ってちょっと熱いなと思うのが大体45℃くらいです。


スマホが熱くなる理由

ながら充電

スマホを充電したまま通話やネット通信をする「ながら充電」はバッテリーへの負荷が高いため発熱しやすく、スマホが熱くなる原因となります。


負荷が高いアプリを使う

高画質グラフィックのゲームをプレイしたり、動画を見たりすると、スマホが熱くなる場合が多々あります。

また使用中のアプリだけでなく、バックグラウンドで動作しているアプリを含めて動作の負荷が高いとそれだけCPUから発生する熱がスマホ本体を熱くする原因となります。


スマホを長時間使っている

長時間の使用で内部からの熱が放出されず溜まってしまうとスマホが熱くなります。

また、防水性に優れた端末ほど機密性の高さゆえに内部の熱が放出されず、さらに熱くなる原因となってしまいます。

スマホカバーをつけていると、もっと放熱しにくくなってしまいます。



私M島は充電しながら」「高画質グラフィックのゲーム」を「長時間毎日やっているのですぐに熱くなります・・・


スマホが置かれている場所の問題

そもそも高温の場所に置いていると、その熱でスマホを熱くなり、スマホが放熱できない場所に置いていると熱を持ったままになってしまいます。


<夏場の気温が高い>

近年の夏は人にとっても、スマホにとっても過酷的な暑さです・・・

高温になっている場所にスマホを長時間置いていたり、日常的に置いている場所が高温になりがちだったり、気温が原因でスマホの温度を熱くしている可能性が大いにあります。


<夏場直射日光に当たる場所は避けましょう>

直射日光でスマホの温度は上がっていきます。

特に直射日光が当たり続ける夏の車のダッシュボード付近は場合によって70度を超、80度近くまで達するそうです。これは、目玉焼きが作れる温度です。


また、温度以外にも電波が不安定な場所に置いていると電波を探すことによる負荷が掛かるので、それが熱の原因になることもあります。


夏場の車内は人もスマホも放置は危険なのでやめておきましょう!


熱くなったスマホを放置するとどうなる?

急に動かなくなる!?熱暴走

スマホの心臓部であるCPUが熱によって動作停止してしまう現象を「熱暴走」といいます。

熱暴走をすると本体がフリーズして操作できなくなったり、本体に異常が起きていると見なし、勝手に再起動したりすることがあります。


動作が遅くなったり画面が一瞬止まったりする場合はセーフティ機能かも

最近のスマホは熱くなりすぎないように、一定以上の温度になると「セーフティ機能」が発動して様々な現象が起こります。


<スマホの画面がカクカクとした動作になる>

セーフティ機能が発動すると、普段はスムーズに動作していたスマホが、動作が重くなるようなことをしていないのに、突然カクカクとしたぎこちない動きになることがあります。


<アプリが何度も強制終了する>

セーフティ機能中に、カメラを始め、負荷の高いアプリを起動すると「すぐに強制終了してしまう」といった現象が起きることもあります。

さらなる発熱の原因になりやすくなることは制御されてしまいます。





いかがだったでしょうか?

今回はスマホが熱くなってしまう原因と熱くなったらどうなるのかを紹介してきました。


みなさんの充電ライフはどんなコトを求めていますか?

いまの充電に満足できていますか?

今後こんな商品を開発して欲しいとかあれば、どしどしTwitterまでご連絡ください!

私M島が開発部に直談判してきます!


それでは今日も明日もスマート充電ライフをお楽しみください。

最新記事

すべて表示